ジェイソンさんを合成しました!

ジェイソンさんのフィギュアを購入したので、飾るだけでは勿体無いと思い合成して楽しんでみました!

目次
  • 完成品
  • 購入したジェイソン
  • 写真合成素材 準備
  • 合成
  • 所感

完成品

色々反省点はありますが、とりあえず合成完成です!
ちょっとずつフォトショップの技術を磨いて行きます!

下記に購入した、フィギュアや合成前の写真や合成方法を書いています。
お時間あればご覧ください!

購入したジェイソン

ジェイソンさんはAmazonで購入しました!
価格は6,500円でした。

7インチ(約18cm)のサイズにホッケーマスクが3種類とクマのぬいぐるみが付いてます。

関節部分も良くできいて、衣装の汚れ具合もとても良かったです。
個人的にはとても満足のいくフィギュアです!

マスクの下の顔も作り込まれていましたよ!気になる人は購入してみてくださいね!

箱も傷や凹みなど全くありませんでした。

ジェイソンさんと購入を迷ったのは、ヘルレイザー ピンセットと悪魔の生贄の ネカです。
ホラーやサスペンス、スプラッター好きなので、機会があったら購入したいと思ってます!

写真合成素材・準備

写真はスマホ置きを固定して、ジェイソンを立たせました。

撮影はiphone12を使用して、ライトは家の天井のライトを利用しています。
背景をフリー素材が置いてあるサイトで探してダウンロードしました。

シンプルでかつ、もう十分怖そうな写真を選びました。

ジェイソンと背景が揃ったので、フォトショップを利用して合成して行きます。

合成

楽しい合成の時間の始まりです!
まずはジェイソンさんの背景を抜きます!

フォトショップのペンツールを使用し、パスを引いて選択範囲を取りました。背景を削除する際に「1px」ぼかし(選択範囲⇨選択範囲を変更⇨境界をぼかす)を入れています。背景の抜きに関しては別途詳しく投稿します!

フォトショップの機能に「被写体を選択」という便利な機能があります!背景を抜きたいレイヤーを選び「選択範囲⇨被写体を選択」を押すと一瞬で被写体の選択範囲を取ってくれます!

が!!!!

不必要な部分が残ってしまうのです↓

フィギュアを撮影のどのように撮影するかによって選択範囲の取り方を代えることができるように基本的なペンツールを使ったパスの取り方を覚えると良いと思います!

フィギュアの後ろに支えが無かったり、正面から見えていなければ「被写体を選択」で綺麗に選択範囲を取ることも可能だと思います!

※照明環境や、カメラのボケなどもある程度重要です!

投稿者プロフィール

horrorshowtime
horrorshowtimeフィギュア・ガチャガチャの合成好きな人
フィギュアやガチャガチャが大好きです!Photoshopでの加工やaftereffectでの動画編集を行っています!大人になってフィギュアをある程度好きに買えるようになったので、撮影をして合成して楽しんでいます!TwitterもやっているのでDMもお待ちしてます!